YuasaYuta

コンテンツ制作

コンテンツ制作をアウトソーシングしたいけど、どの会社にお願いしたらいいかわからない。そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

その気持ち、よくわかります。2013年頃から、コンテンツマーケティングが注目を集め、コンテンツ制作をサービス化する会社が多くなりました。

私が企業のWEB担当者だとしても、どの会社に頼めばいいのか悩みます。

質の高いコンテンツと言われても、「質」が何を意味するのかわからないし、新規セッションを増やしたい・CVを増やしたい・ブランディングや採用に活かしたいなど、オウンドメディアの方向性や目的にも様々あると思います。

そこで今回は、コンテンツ制作会社を8つPICK UPして、簡単にですが情報をまとめてみました。

1.株式会社イノーバ


https://innova-jp.com/

日本で他社に先駆けてコンテンツマーケティングを提唱してきた会社です。導入実績260社超で、コンテンツ制作・SEO・リード顧客の獲得/分析など、一連のサービスが充実しています。

CMSの導入・ペルソナの設定・サイトコンセプトの決定など、オウンドメディアで課題になるポイントの改善を行い、アクセス数を伸ばしつつ、顧客の増加や問い合わせ率の上昇など、インバウンドマーケティングの体制作りをしてくれるでしょう。

コンテンツマーケティングの戦略立案後、世界各国に拠点を置く1,600名の登録ライターからプロジェクトの要件に合う適任者を選定し、専属のプロジェクトチームを構築して、コンテンツ制作を行います。

2.株式会社エコンテ


http://econte.co.jp

エコンテが運営するアンケートモニターサイト「Qzoo」(45万会員)のリサーチ結果をもとに、独自性の高いコンテンツを制作していることが強みだと言えます。

また、WEBサイトのグラフィックが美しいことも目をひきます。自社で制作実績数国内最大級のインフォグラフィック・ビデオグラフィック作成サービスを持っており、クオリティの高い制作バリエーション、ターゲットに合わせた情報発信のできる質の高いコンテンツ制作が特徴の会社です。

PDCAを意識したコンテンツマーケティングを提供することを目指しており、データ収集から見やすいグラフィックへのアウトプットまで、集客につながるコンテンツを制作しています。

3. 株式会社インフォバーン

https://www.infobahn.co.jp

「コミュニケーションの創出」を重点に、ユーザー視点のプロダクト開発、戦略設計から運用まで、ビジネスを成長に導くストーリーテリングをサポートしてくれる会社です。

インフォバーンは「WRITES(ライツ)」というライター・編集者のクリエイティブ集団を形成しており、様々な専門領域・得意領域を持つ外部ライターが連携してコンテンツを制作する仕組みとなっています。

日本でも有数のデジタルエージェンシーとして、そのノウハウを存分に活かし、「イノベーション」「ブランディング」「クリエイティブ」の3つのアプローチでデジタル時代のコミュニケーションをサポートしてくれます。

4.リーディング&カンパニー株式会社


http://lrandcom.com

ストーリーテリングを用いたコンテンツ制作が有名な会社で、コンテンツのタイトルを見ただけでもユーザーが「読みたい」と思わせるような、クリエイティブなライティングが魅力です。

海外在住、もしくは同等の英語力を持つライターがほとんどのため、海外文献からの情報収集ができるのが特徴です。英語サイトなど広域リサーチをすることに多くの時間を使い、より多くの情報から作り上げた文章は読んでいて面白く、印象に残ります。

5.サムライト株式会社


http://somewrite.com

オウンドメディアの立ち上げ実績は国内トップクラス。独自のネイティブアドネットワークを所有しており、コンテンツの拡散から集客までをしっかりサポートしてくれるのが特徴です。(2016年に朝日新聞のグループ会社になりました。)

6.株式会社テックブック


http://techbook.jp/

私たちです!

2015年の創業で少数精鋭ながら、C BIBLEやクライアントワークで地道に蓄積してきたオウンドメディアの知見・運用ノウハウがあります。集客に強いコンテンツ作りができることと、WEB広告の運用知見があることが強みです。

「コンテンツでデジタルマーケティングをする」をコンセプトに、WEB広告とコンテンツを複合的に絡めたマーケティングプランもご提案可能です。潜在的な顧客へのアプローチ・ブランディング含め、コンテンツを使ったデジタルマーケティングで何かあれば、ご相談ください

7.ナイル株式会社


https://uideal.net

ナイル株式会社の旧名は、ヴォラーレ株式会社です。もともとSEOに強い会社として知られています。

マルチに対応可能なライターから、全体戦略を個別戦術に落とし込める専門家集団が、徹底的に成果を追求するため、難しい要件でも対応することができるでしょう。個人ではなくチームを編成して問題解決に勤めているので、安定したクオリティのサービス提供が可能です。

8.株式会社エススタイル


http://www.estyle-inc.jp/tiny/

徹底的なペルソナ・プランニングを強みとし、ユーザーの心をひきつける企画、コンテンツ作りをしています。300人を超えるライターネットワークも魅力で、各コンテンツや企画に適したライターを選出し、ディレクターとともに読者のペルソナ像を緻密に描いて徹底的なプランニングののち、ディレクションしていきます。

まとめ

今回は、コンテンツ制作会社のサービスの特徴をまとめました。「コンテンツ制作」を外部パートナーにお願いしたい担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。(ある程度絞ったら、まずは直接問い合わせて担当者から話を聞いてみるのが一番です。)