C bible編集部

文章作成ツール

WEBライティングにおいて、自分にあった文章作成ツールを探すことは上達の第一歩です。

優秀なWEBライターは、それぞれ自らが使いやすい文章作成ツールを持っているものです。

初心者WEBライターも自分に合った文章作成ツールを選びたいところですが、残念ながらツールは数多あり、自ら探すには時間がかかります。

あるいはWEBライターでなくても、コンテンツマーケティング戦略に取り組む企業の担当者様は、WEBライティングを理解することはプラスになります。

WEBライティングの現場をイメージすることで、よりスムーズなやりとりを実現できるでしょう。

ということで、今回はご紹介する文章作成ツール23選から、WEBライターは自分に合ったツールに出会うことができ、企業のご担当者様はWEBライティングのイメージを掴むことができましたら幸いです。

1. キーワード選定ツール

文章作成をはじめる前に、まずはキーワード選定をします。SEOの観点からいっても、キーワード選定はひじょうに重要な工程です。ここでは効率よく、かつ楽しくキーワードを選定できるツールをご紹介いたします。

1-1. goodkeyword

関連キーワードを、調べられるツール

goodkeyword

http://goodkeyword.net/

goodkeywordは、WEBライターにとって、使用頻度の高い必須ツールです。キーワードを入力すると、関連キーワードまで調べられる、すぐれものです。

記事のテーマを決めたら、ライティングに入る前に、まずgoodkeywordでキーワードを入力してみましょう。たとえば「文章作成」で調べると、「文章作成ツール」「文章作成能力」「文章作成アプリ」etc.と、キーワード候補がたくさん表示されます。キーワード候補を知ると、テーマに対して、世間がどのような興味関心をいだいているのかが、わかります。想定が、思いこみにすぎないことは、往々にしてあるものです。

1-2. 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

より幅広い、キーワード取得に使えるツール

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

https://www.keywordwatcher.jp/

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、幅広いキーワード取得に使えるツールです。goodkeywordは、Google、Yahoo!、Bingから、関連キーワードを取得していますが、関連キーワード取得ツールは、さらに、教えて!gooと、Yahoo!知恵袋からも取得しています。なので、幅広いキーワード候補をあげて選定をする場合は、関連キーワード取得ツールを使うのが、良いでしょう。

1-3. keygram

連想されるキーワードも探せるツール

keygram

http://kizasi.jp/labo/keygram/keygram.py/

keygramは、キーワードを広げたい時に使えるツールです。1,000万ものブログサイトを解析して、そのデータを活用しています。記事数にすると、約2.5億本です。数字にすると、その量の多さが、わかりますね。

たとえば、keygramに「文章作成」と入力すると、大項目として「記事」「ツール」「レポート」「添削」といったキーワードがかえってきます。そして、「記事」に「記事作成」「記事内」「メニュー記事」といった、さらにこまかいキーワードがつづきます。

それぞれのキーワードには、関連度と一般性がグラフで表されます。関連度は、入力したキーワードと、keygramがかえしたキーワードの、結びつきの強さを表します。一般性は、同じ記事内で2つのキーワードを同時に使う人が、どれくらいいるかを表しています。keygramを使うと、直接的にはうかばない、連想されるキーワードを手に入れることができます。それは時に、思いもよらないものなので、新しい発見があります。

 2. キャッチコピー作成ツール

文章作成において、キャッチコピーをつくる場面は、頻繁にあります。タイトルは一番重要なキャッチコピーですし、各章の見出しもキャッチコピーです。サイト来訪者は、一瞬でページの善し悪しを判断します。今回ご紹介するキャッチコピー作成ツールで、いつもの自分にはない、新しい発想を得ることも選択肢の一つです。

2-1. コピーメカ

自動的にキャッチコピーを作成するツール

コピーメカ

http://www.copymecha.com/

コピーメカは、遊び心が満載のツールです。以下の2つの質問にこたえると、7つのキャッチコピー候補を、かえしてくれます。

1.「~を~」するという言葉になるように入力してください。

2.あなたの商品、サービス、お店の名称(固有名)を教えてください。

たとえば、1の質問に「文章作成」「する」、2の質問に「Cバイブル」と入れると、7つのコピーをかえしてくれます。そのうちの1つは、「ジョン・レノンと文章作成とワタシ」といったもので、ユーモアを感じる、おもしろいコピーでした。

このままコピーを使うことは、むずかしいかもしれません。ただ、タイトル決めやコピー決めの息ぬきに、ふらりとコピーメカをたずねることで、新しい発想を得られることでしょう。何より無料ツールなので、気軽に使ってみてください。

2-2. キャッチコピー制作装置

キャッチコピーのサンプルを大量作成するツール

キャッチコピー制作装置

http://imu-net.jp/word/copywriting.php

キャッチコピー制作装置は、さらに気軽にコピーを作成できるツールです。方法は簡単で、キーワードを入力するだけ。「文章作成」を入力してみると、下の画像のように大量のキャッチコピー候補を、かえしてくれます。

文章作成のキャッチコピー候補

キャッチコピー制作装置も、本格的にコピーをつくるツールというより、自分の発想がにつまった時に補完的に使えるツールと言えます。複数人であれば、ブレストで新しい発想を得る環境をつくれますが、記事のライティングは、1人でおこなうことが多いものです。

1人でもブレストに近いかたちでコピー案を練れる、コピーメカや、キャッチコピー制作装置のようなツールは、WEBライターにとって心づよい味方だと言えます。

2-3. 日本語表現インフォ

小説のような表現を探せるツール

日本語表現インフォ

http://hyogen.info/

日本語表現インフォは、キーワードを入力すると、小説のような表現をかえしてくれるツールです。時にライティングをつづけると、表現が決まりきってしまい、ある種の型にはまってしまいます。その表現が、その人らしさを出せていればよいのですが、時にかたくるしい印象を与えることもあります。

そんな時は、日本語表現インフォを使って、新しい表現を模索するのがよいでしょう。

たとえば、「文章」と入れると「パステルのような華やかな雰囲気の文章」と、かえってきました。この文章は、筆者からおそらく出てくることはないでしょう。気持ち新たにライティングするきっかけにもなりますし、型通りの文章に、いろどりを与えるかもしれません。ぜひ、チェックしてみてくださいませ。

3. 文章作成ツール

文章作成において、質がもとめられるのは、当たり前です。しかし同時に、スケジュールを守るための、スピードも求めらます。質とスピードの両方を、おとすことなく書き進めるための一助となる、文章作成ツールをご紹介いたします。

3-1. イージー★ライター

商品・サービスの紹介記事を作成するツール

イージー★ライター

http://shop.ds.moshimo.com/ds/shop/service/ew

イージー★ライターは、10分で商品・サービスの紹介記事を作成できるツールです。10分というのには、からくりがあります。「ここから書き始める」をクリックすると、右上にタイマーと文字数があらわれ、ユーザーにつよく10分を意識させる設計になっているのです。

また全部で8段階にわかれた質問にそれぞれ答えると、自動的に文章が完成するので、ゴールまでの道すじが見える点がよいです。それぞれの質問には参考になる文章例があり、初心者でも簡単に文章作成ができます。

3-2. プレスリリース3分作成ツール

簡単な質問にこたえて、プレスリリースを作成するツール

プレスリリース3分作成ツール

https://www.value-press.com/tool_3minutes

サービス名がすべてを物語るように、短時間でプレスリリースを作成できるサービスです。文章作成といえど、プレスリリースに特化したサービスはめずらしいです。もちろん、広報の仕事をしないかぎり、ふだん、なかなかプレスリリースを書く場面はすくないかもしれません。しかし、ECサイトをオープンさせた時や、オウンドメディアをリリースした際など、プレスリリースをするとよいこともあります。

ValuePress! でおこなったプレスリリースから、メディアにとりあげられたり、ソーシャルメディアで話題になったりするケースがあるからです。

4. 辞書ツール

4-1. weblio類語辞典

類語が調べられるツール

weblio類語辞典

http://thesaurus.weblio.jp/

WEBライターにとって、日本語の表現は多様なばかりに、時にむずかしい判断をしいられることがあります。特に、文章内で言葉を統一するためにも、類語はおさえておきたいところ。たとえば「上達」と入力しても、「進歩」「改良」「進境」「改善」「向上」と、5つの言葉が候補にあがります。

「ライティング力の上達」と書くのがよいか、「ライティング力の向上」と書くのがよいか。はたまた、別の言葉がよいか。もしライティングの表現で迷いが生じたら、weblio類語辞典で、類語を調べましょう。

4-2. alc(アルク)

おすすめオンライン英和・和英辞典

alc(アルク)

http://www.alc.co.jp/

alc(アルク)は、筆者おすすめの、オンライン英和・和英辞典です。一番おすすめのポイントは、単語を入力した時にでてくる、例文です。その量が、ひじょうに豊富で、内容も、かんたんな文章から、むずかしい文章までバラエティに富んでいます。たとえば、「文章」と入力すると、例文にこんな文章もかえってきます。

「文章にレトリックのうねりがある」

「have the rhetorical roll to the prose」

特にインターネット用語は横文字が多いので、意味がつかめない言葉は、こまめに英語辞書をチェックすることを、おすすめします。しかし、ただ調べるだけで終わると、記憶に残らないことが多いのも事実。alc(アルク)を使うことで、豊富な例文にふれて、より英語の意味を記憶に定着するのがよいでしょう。

5. 文章解析ツール

5-1. numMojiなんもじ

リアルタイムの文字数カウントツール

numMojiなんもじ

http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

文章のボリュームを調べる時、タイトルを決める時など、WEBライターにとって、文字数をカウントすることは、よくあることです。文字数をカウントするツールを調べると、いくつかありますが、numMojiなんもじをチョイスしたのは、リアルタイムで文字数をカウントできるからです。

つまり、文章をコピペする必要がなく、文章を直接うちこめば、すぐに文字数をかえしてくれます。文章を修正して再度カウントしたい時も、エンターを押す一手間がはぶけるのはよいです。

5-2. キーワード出現頻度解析ツール

キーワード出現頻度で、サイトを解析するツール

キーワード出現頻度解析ツール

http://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer

その名のとおり、サイトのキーワード出現頻度を解析してくれるツールです。キーワード選定も大事な作業ですが、そもそもサイトで使用されているキーワードを、把握していることは、それ以上に大事なことです。

まずは、キーワード出現頻度解析ツールを使い、キーワード出現頻度を把握しましょう。もし意図しないキーワードの出現頻度が高いようであれば、過去の文章を校正する必要があるかもしれません。あるいは、意図したキーワードの出現頻度が高ければ、今までのキーワード選定が、すぐれていた証拠です。

5-3. EKWords

キーワードを抽出し、出現頻度を解析するツール

EKWords

http://www.djsoft.co.jp/products/ekwords.html

EKWordsは、キーワードを抽出して出現頻度を解析するツールです。まず、動作環境はWindowsのみなので、ご注意ください。Macの方は、キーワード出現頻度解析ツールを使うのがよいでしょう。EKWordsの良いところは、原文を確認しながら、キーワードの出現頻度を調整できる点にあります。色分けの機能もあるので、一覧性が高く、文章量が多い時に、いっそう活躍します。

5-4. 小説形態素解析CGI(β)

文章の構成を解析してくれるツール

小説形態素解析CGI(β)

http://www.ennach.sakura.ne.jp

小説形態素解析CGI(β)は、文章をコピペで入力することで、その文章を解析してくれるツールです。ひらがな・カタカナ・漢字の割合や、100文字あたりの品詞出現個数を調べられます。

解析結果を数字ではかるのもよいですが、てっとりばやくフィードバックを得るには、最下部のコメントを見るのがよいでしょう。的確なコメントで、自分の文章の客観的な評価を知ることができます。

5-5. 帯2

文章の難易度を推定するツール

帯2

http://kotoba.nuee.nagoya-u.ac.jp/sc/obi2/index.html

帯2は、文章の難易度を測定してくれるツールです。使い方はかんたんで、文章をコピペして入力するだけです。結果は、「小学1年」〜「大学・一般」までの、13段階でかえしてくれます。

ちなみにCバイブルの文章を測定すると、「高校1年」で「むずかしめ」という結果でした。文章の難易度を客観的に測定してくれるので、有用です。結果を見て、ターゲットにとって難易度が高いようであれば、ライティングの仕方を検討してみましょう。

6. 文章校正ツール

せっかく内容がよい文章を書いても、ミスがあっては、質をおとしてしまいます。質をおとさないためにも、文章校正ツールを使うことで、セルフチェックでは見つからないミスを発見しましょう。優秀なWEBライターは、ラフに文章全体をつくったあと、校正にじゅうぶんな時間をかけます。

6-1. 漢字使用率チェッカー

文章内の漢字使用率を調べるツール

漢字使用率チェッカー

http://akind.dee.cc/kanjiritsuchk-input.html

ツールの名前どおり、漢字の使用率を調べられるツールです。Cバイブルおすすめ本の「インターネット的」にも書いてありますが、糸井重里さんは、なるべくひらがなを使うことで、読者にわかりやすく文章をとどけています。筆者もそれにならい、Cバイブルでは、意図的に漢字を少なくしています。

漢字使用率チェッカーで調べると、Cバイブルの記事は『漢字率: 16.13%』です。それはよいとして、コメントで『全体的に締まりのない文章です。』と言われてしまいました。一つの意見として、受け止めたいと思います。かならずしも漢字が多い文章が良いわけではありませんが、漢字とかなのバランスを意識しながら書くのに、ときどき漢字使用率チェッカーを使ってみるのは、よいでしょう。

6-2. Enno

文章のミスを自動チェックするツール

Enno

http://enno.jp/

Ennoは、文章のエラー(誤字脱字、変換ミス、文字化けetc.)を自動チェックしてくれるツールです。短い文章であれば、集中力をたもったまま、ミスを逃さずチェックすることができます。しかし、5,000文字をこえるような長い文章の場合は、チェックも一苦労。そんな時は、最後にEnnoでチェックしましょう。機械のチェックを入れることで、自分が気づかなかったミスを発見するかもしれません。

もちろん、最終的にミスを見つけるのは自分ですが、Ennoを補完的に使うことで、より効率よく文章の見直しができるでしょう。

7. コピペチェックツール

コンテンツマーケティングにおいて、コピペの文章を投稿することは、ひじょうに危険な行為です。Googleからのペナルティの対象となり、せっかくSEOで上位表示をしても、検索ランキングをおとしかねないからです。ここでご紹介するコピペチェックツールを使い、そのようなことが、ないようにしましょう。

7-1. こぴらん

簡易コピペチェックツール

こぴらん

http://copyrun.net/

こぴらんは、簡易なコピペチェックツールです。ライティングを外注した場合は、念のため、こぴらんを使用してチェックしましょう。Google、Yahoo!の両検索エンジンで、文章がコピペか否かを結果として、かえしてくれます。

初心者の方は、自分の文章をチェックするのが、よいでしょう。引用にすべき文章を、そのまま記載しているケースもあります。もし心配でしたら、慣れるまで、こぴらんを使ってセルフチェックすることを、おすすめします。

7-2. 影武者

本格コピペチェックツール

影武者

http://kagemusya.biz-samurai.com/

こぴらんが、比較的かんたんに使えるツールだとすると、影武者はより本格的なコピペチェックツールです。登録月のみ無料で、検索は10回までです。(1,000文字を1回とカウントします)サイト内動画を見ていただくとわかりますが、影武者は、Wikipediaを改変した文章を、時間をかけずにコピペだと見破っています。

有料プランだと、CSVダウンロードも対応しています。大量に文章をチェックする必要があって、かつ結果を共有する必要がある方は、有料プランがよいかもしれません。WEBライターというより、WEBライター複数人と仕事をするWEB編集者や、大量にコンテンツを発注するWEB担当者が使うツールです。

7-3. 剽窃チェッカー

多言語チェックツール

剽窃チェッカー

http://plagiarism.strud.net/

剽窃チェッカーも、こぴらん・影武者と同様に、コピペチェックツールです。単純に日本語のコピペチェックで使う場合は、こぴらんが良いですが、一番の特長は、多言語対応している点です。英語はもちろん、中国語・ロシア語にも対応しているので、多言語でコンテンツをつくる場合は、剽窃チェッカーを使うのが良いでしょう。

7-4. Ferretコピーコンテンツチェック

コピーコンテンツチェックで危険度判定ができるツール

Ferretコピーコンテンツチェック

http://tool.ferret-plus.com/textchk

Ferretコピーコンテンツチェックは、その名のとおり、コピーコンテンツをチェックできるツールです。使い方は、かんたんです。サイトのURLと、文字数を指定して、文章候補をあげてもらいます。ユーザーは、その候補の中から、調べたい文章を選択するだけです。あとは、Ferretコピーコンテンツチェックが、その文章の危険度と、類似コンテンツをもつサイトを教えてくれます。

コピペではないと判定できても、危険度と類似コンテンツを見ることで、周到に改変されたコピペであれば、見抜くことができるでしょう。コピペをする側も、単純にコピペをすることは考えづらいので、Ferretコピーコンテンツチェックのように、あやしい場合に警告をくれるツールは、ありがたいです。

7-5. sujiko(スジコ)

類似ページか否かを判定するツール

sujiko(スジコ)

http://sujiko.jp/

sujiko(スジコ)は、2つのサイトを比較して、類似ページか否かを判定するツールです。筆者も、Cバイブルと近いトピックをあつかうサイトを、比較して判定してみました。良いところは、シンプルに総合判定結果をかえしてくれる点です。「高」「低」のように、一目でわかりやすいです。

また「タイトル類似度」「本文類似度」「HTML類似度」を%で評価する点も、わかりやすいです。文章のコピペを検証するのではなく、サイト同士の類似性を、おおまかな精度で確認するのに、sujiko(スジコ)は有用です。

7-6. Ferret文章リライトツール

コピペを避けるため、文章を少し改変するツール

Ferret文章リライトツール

http://tool.ferret-plus.com/ruitama

先ほどお伝えしたとおり、コピペの文章を投稿することは危険な行為です。しかし一方で、自分の文章を複数箇所で使いたい時や、単純に言い回しをかえたい時など、文章をいちいち書きかえるのは、一手間かかります。そんな困りごとには、Ferret文章リライトツールを使うとよいでしょう。

Ferret文章リライトツールは、文章を入力するだけで、リライト(書きかえ)した文章をかえしてくれます。具体的な利用シーンとしては、リスティング広告やTwitterがあげられていますが、それ以外にもさまざまなシーンで使うことができそうです。

まとめ|自分に合う文章作成ツールを

いかがでしたでしょうか?今回は、文章作成ツール23選をご紹介しました。『言うは易く行うは難し』という言葉のとおり、ライティングはかんたんに上達するほど、甘くはありません。時間をかけて、自分なりに方法論を学んだり、型を見つけたりするのが、世の常です。

しかし、探してみると、さまざまな文章作成ツールがあります。今回ご紹介したツールから、自分に合うものを探すことは、ライティングのコツをつかむため、あなたの背中をすこしばかり押してくれるでしょう。

ご紹介した文章作成ツールの中で、良さそうなものがあれば、ぜひ使ってみてください。皆様の文章作成の一助になれば、幸いです。今回も、ご一読ありがとうございました。

最後に:もし今回のコンテンツが何かのためになったら、今後も定期的に読んでいただくために、Facebookファンになっていただけませんか?